スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔見た夢

ここ2,3日、昔見た夢を思い出します。

広い草原に、人の背丈ほどの高さがある真四角い大きな箱が、碁盤の目のように沢山並んでいます。

真のお母様と女性1人が、1つの箱の前にいます。

箱の蓋は開いていて、女性が、ワンピースらしい洋服を持っています。

お母様が私に、「これからは、あなたの着る洋服は、一生与えられます、心配しないで」と仰るのです。

確かに、夢を見てから、自分で洋服を買っていません。

どうしても必要な正装も、「誰かから借りましょうか」と教会で相談していたら、それを横で聞いた方が、「あるから差し上げますよ」とサイズがピッタリのスーツを譲ってくださいましたし、母が、私にと、沢山のTシャツなど送ってくれるし、子供たちは、可愛いカジュアルな服を100円位で安く買ってくるし、なのです。

どうして、今、それを思い出しているか?

仕事を探している事に関係があるでしょうか?

少し、考えて見ます。

与えられる物に全て感謝します。

神様と真のご父母様、ご先祖様、アージュ。

ボタン押下ありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。