スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と老人

私の毎日使う駅には綺麗な季節の花が植えられています。
あわただしい時間ですが、気持ちがふっと、優しくなるのです。
「どなたが、世話をされているのかしら、きっと、優しい人に違いない、お礼がいいたいな」
と思っていました。

すると、今日、お花を手入れしている方がいらっしゃったので、声をかけました。
「いつもありがとうございます」

振り向いた方は、年配の男性でした。

「世話係じゃないんだけどね、やってんの、終わった花をとってやると、どんどん咲いて綺麗になるんだよ、世話してやると、やればやっただけ花は答えてくれるからね」

私は驚きました。
お仕事ではなくて、広い花壇のお花を手入れしていらっしゃるのでした。
その爽やかな笑顔を見て、「素敵だなあ、このおじいさん、かっこいい」と感じたのですが、文先生の霊界のお話を思い出していました。

「天国に行くと、20歳くらいの一番輝いている年齢の姿になる。おじいさんも、お父さんも、自分も皆20歳ぐらいなんだから、おじいさんやおとうさんとは思えない。霊界に行くと、神様がお父さんで、人は皆、兄弟なんだよ」

と言うお話です。
この方は、肉体はお年寄りですが、心を見れば、爽やかな、20歳くらいの希望に満ち、愛に溢れた青年なのだなあと思いました。
そうしたら、あら不思議、お年寄りが、若いかっこいい爽やかな青年に見えてくるのです。

時間もなく、短い会話で、お礼だけを伝えて、別れました。
神様は人を神様に似せて作られたと聖書に書いてあるのですが、ほんとに、きっと、そうなんだなあと思い、今日はまた、爽やかな、気持ちで仕事に行くことが出来ました。

素晴らしい人と出会わせていただきました。神様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルカウンセリング/チャネリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。