スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実の喜び

「神様の天宙安息圏と絶対「性」」

第一節 神様の安息圏と初愛

二、神様の永遠の安息地

皆さんが喜ぶときは、自分の心に合うときです。

心にも合い、体にも合えば喜ぶというのです。

自分の対象になる人が自分の心とぴたっと合わなければならず、自分の心よりもっと喜ぶことを願い、自分の体よりもっと喜ぶことを願うのが私たち人間の一生の生活的習慣です。

このように見るとき、神様は御自身が造ったものが自分に似るのを喜ばれることが分かります。

心も似て、体も似て、初めて喜ばれるのです。

(七○ー四八、一九七四・二・八)


「嬉しい」と感じるとき、どうして嬉しいのか、

「悲しい」と感じるとき、どうして悲しいのか、

「腹が立つ」と感じるとき、どうして腹が立つのか、

そんなに考えませんでした。

あなたは、どうですか?

愛する人が同じように、私以上に喜んでくれるとき、本当に嬉しいし、愛する人が自分の喜ぶことを喜ばなければ、悲しい。

確かに、そのとおりでした。

昔、夫の好きなことは、私は好きではありませんでした。

体力的に無理なことでした。

相手に合わせてあげたくても、できないこともあります。

お互いに相手を思えば、無理の無い方法を見つけ出し、お互いに楽しむことが出来るようになります。

そうすれば、幸せでしょう。

ですから、片方だけが、与える人、耐える人では、本当の幸せは、難しいと思います。

祝福結婚の意味は、そこにもあると、感じるのです。

「宗教は個人的なものだ、まわりに迷惑をかけない程度に、勝手にしてください」

ということでは、ないと感じます。

伝道の意味も、そこにあると、感じます。

このブログを、反対の材料にしようと考えて見ている方がいらっしゃるなら、どうぞ、その視点で、なぜなのかを考えてみて欲しいのです。

宗教は、宗教をすることが目的ではなくて、人と人がお互いに、同じ平和という価値観を持つための手段ではないでしょうか?

それから、神様も、同じように、神様と同じ喜びを、喜びと心も体も感じる人がいれば、本当に嬉しいと書いてあります。

遠く、高い場所で、下界を見下ろして、人間の事情を考えず、気まぐれに、洪水を起したり地震を起すような、神様ではありません。

私が神様と同じ喜びを嬉しいと感じれば、私のすぐ傍で、手を叩いて、

「そうか、嬉しいか、嬉しいか」

と満面の笑みでおなかを揺すりながら喜んでいらっしゃる神様です。

「昨日は苦労があったようだ、この娘は蝶が好きだから、今日は、蝶をひらひらとさせて、この娘を喜ばせて、慰めてあげよう」

と、そのように、いつも、私を気遣い、私の為に、と考えてくださる神様です。

本当に、ありがたく、本当に、嬉しくて、感謝をどのように伝えればよいのか、いつも悩みます。

私が一生懸命、少しずつの歩みでも、自分のできる精一杯をしようと努力していれば、神様は、喜んで励ましてくださいます。

神様は、誰よりも、私の事情を知っておられます。

私の知りえない、私の先祖の何千年の歴史を、すべて知り、導いてくださいます。

血統の結果としての私が、神様に帰ることで、全ての私の先祖も神様に帰ることができるのです。

ですから、生きている人も、すでに、亡くなっている先祖も、全ての人類を神様の元へ送り返そうと、人類の前に実体で立たれている真のご父母様に限りなく、感謝を感じます。



文先生の本をまずは、読んでみていただきたいです→文鮮明師自叙伝

傍にいる神様を感じながら、共に生活が出来る幸せな家庭が、どんどん増えますように、このブログを読んでくださった方に福を与えてくださいますように、神様とご父母様にお願いし、お祈りいたします。アージュ。

ボタン押下よろしくお願いします。CNTキイを押しながらポチすると新しいタブが開きます


スポンサーサイト

テーマ : 幸せな家族生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。