スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦の愛の場

「神様の天宙安息圏と絶対「性」」

第一節 神様の安息圏と初愛

一、神様の創造理想と安息圏

男性と女性が祝福を受け、完全な愛を授け受けして喜びを享受する時、神様が地上に咲いた花のようにご覧になるというのです。

また、彼らの愛によってなされるすべての森羅万象は、神様にとって良い香りと同じです。

神様は、このような美しい香りの中で暮らしてみたいと思って訪ねてこられるのです。

神様の真の愛が訪ねてくる基台が、すなわち夫婦の愛の場です。

その場は、万物と宇宙が和動する場になるのです。

(「祝福家庭と理想天国1」、一九七八・一○・二八)


これは、夫婦の性について書いてあると思います。

どう、お感じですか?

神様はなぜ、男と女を造ったか?

神様はなぜ、1対1のペアシステムを造ったか?

神様はなぜ、宇宙自然を造って、それから、人を造ったか?

その答えが、ここに書かれていると感じます。

「人が宇宙の中心」

などと言うと、

「なんと驕っているのか」

と怒る方もいると思います。

しかし、その方は

「人は、神様の言葉を裏切り、自分の欲望を優先したことで、神様の創造理想の仕事から逸脱して神様と関係なくなり、万物自然以下になってしまった」

ということを、無意識に、感じていらっしゃるのだと思うのです。

「本来の神様の子女なら、そうだけれど、私たちは違うでしょう」

と良心の奥の奥で叫んでいる、その深い感情だと、感じるのです。

反対している方たちは、心の奥の奥、最初の先祖の思い、真珠の核の部分のような、そのところで、自分を責めているのではないのでしょうか?

そして、はっきりと、捉えることができない、自分でもコントロールできない、噴出すような怒りが、あるのではないのでしょうか?

心を開いて、深呼吸して、上の文を、声に出して読んでみていただきたいです。

どんな芸術にも勝る、美しさ、神様の愛を私は感じます。

バックミュージックはこちらをどうぞ




文先生の本をまずは、読んでみていただきたいです→文鮮明師自叙伝

神様が訪ねて行くことができる、幸せな家庭が、どんどん増えますように、このブログを読んでくださった方に福を与えてくださいますように、神様とご父母様にお願いし、お祈りいたします。アージュ。

ボタン押下よろしくお願いします。CNTキイを押しながらポチすると新しいタブが開きます


スポンサーサイト

テーマ : 幸せな家族生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。