スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極的な真の愛の理想

「神様の天宙安息圏と絶対「性」」

第一節 神様の安息圏と初愛

一、神様の創造理想と安息圏

神様が、最も簡単で低級な被造物から人間に至るまで、各々主体と対象、陽性と陰性のカップルで造られた理由は、真の愛の理想のもとで相対関係を形成するためです。

創造物の真の愛の理想と神様の究極的な真の愛の理想は、別のものではありません。

人間世界の男性と女性の真の愛の感性を通して、神様の絶対愛が完成するようにされたのが創造原理です。

初めに人間をアダムとエバ、一男一女として創造された理由もここにあります。

(二七七-一九八、一九九六・四・一六)


神様の創造原理で、カップルという発想は、人間だけでなく、全ての被造物に当てはまっているのですね。

ここで、注目したいのは、一男一女ということで、カップルは1対1だという原則です。

被造物は全て1対1のカップルで、陰と陽という原則です。

だから、2対1とかないのです。

特に男女の愛は、1対1でなければ、発展もせず、幸せにもならず、滅びていかざるを得ないです。

身にしみて、そう、思います。

私も若い頃、2対1の関係になったことがありますが、酷いものでした。

永遠に続くはずがありません。

「真がつくには、永遠でなければならない」

とお父様のみ言葉があります。

サタンの偽りの愛は一時的であって、永遠ではないので、必ず、傷つき、サタンの目的をまんまと達成してしまうのです。

今、サタンを喜ばして、自分を傷つけている方がいらっしゃるなら、すぐに、止めて欲しいと思います。

今が幸せのようでも、それは、偽りです。

どうぞ、あなただけを愛する人を見つけるために、

神様の真の愛で永遠に幸せになるために、

偽りの愛の関係は清算して、

神様に帰っていく道を歩き始めて欲しいです。

苦労があっても、ずっと、ずっと、心が喜んで幸せを感じます。

まずは気軽に教会のイベントなどに参加してみてくださいませ→日本統一教会公式サイトUC-Japan

神様が訪ねて行くことができる、幸せな家庭が、どんどん増えますように、このブログを読んでくださった方に福を与えてくださいますように、神様とご父母様にお願いし、お祈りいたします。アージュ。

ボタン押下よろしくお願いします。CNTキイを押しながらポチすると新しいタブが開きます


スポンサーサイト

テーマ : 幸せな家族生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。