スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創造原理、教区長のお話から

台風の日に教会で教区長のお話を聞きました。

電車が止まり、来られない方もいらっしゃいましたが、ご婦人が12人集まりました。

メモを取りましたので、ご紹介します。

創造原理

神様の創造目的を知ると、人間の幸せがよくわかるようになり、正しい生き方を学ぶことができます。

原因者(神様)を知るということです。

存在するものは全て二性性相です。

見える実体から、見えない神様がわかります。

見える実体には陰と陽があり、見ない神様も陰と陽があります。

本性相→本陽(表に出す)本陰(表に出さない)
本形状→本陽(表に出す)本陰(表に出さない)

神様は陽と陰を両方持っている中和的存在です。

夫婦は結婚して長くなると、二人の性格が似てきます。中和的になり、内的に1つになっていきますが、これは、神様に似るということです。

ですから、人は一人ひとりが天宙的な価値を持ちます。

神様→被造世界
性相→形状
内→外
原因→結果
主体→対象
縦→横
万有原力→授受

万有原力とは力の根本であり、神様は自存しています。

神様を知れば1日で世界は平和になります。

お父様はその可能性を捨てないのです。

本来の神様の理想で出発すれば、不可能ではありません。

ところで、神様の力の根本である万有原力は、自己中心ではできません。

自己があると、授受作用はできません。

しかし、縦的な信仰が立てれば、横的に善の繁殖があります。

良心の主体は神様です。

神様
↑↓→良心作用の力
良心

自己中心の良心同士が話しても合いません。

お父様の教えは、善男善女が神様を中心に結婚することです。

ですから、合わない人と合わせる様に努力しなければなりません。

三対象基準を立て、実行すれば、聖人になれます。

四位基台を完成すると、円形、球形運動をなして、立体として存在できます。

3×4は12、ですから、12名の人と授受作用が出来れば、世界の人と誰とでも仲良くできます。

その初めは夫婦です。

夫婦が1つにならなければ、2,3に進めません。

良心基準を上げるために自分の悪いことを告白して悔い改めなければなりません。

自分はどの程度の良心基準かを知りましょう。

自分が誰かから非難されたとき

怒る←旧約

怒らない(意味があるかも、私が怒らせたかもと反省する)←新約

信仰が長くても、神様を批判すると、アダムとエバが堕落したマイナスの位置に立つ事になり、神様の主管圏ではなく、サタンの主管圏になります。


断片で申し訳ありません。

今まで、人が中心でいくら努力しても世界の平和はやってきませんでした。

「どうしてか」の答えがここにあります。

人は皆完全ではなく、良心の基準が違うために、一人ひとりを見れば、良い人であっても、意見が合わず衝突してしまうのです。

自分の環境を嘆いて、神様を信じられなくなったことが、共産主義、唯物論の始まりと聞いています。

ゴーギャンも、神様を信じられなくなったと手紙に書いて、人の存在目的を見失い、自ら命を絶ちました。

一人の人の生き方と、共産主義の思想は、同じ動きをすると、思います。

つまり、自滅していくと、感じています。

人が全てを解決できると考えていらっしゃる方は、その考え方が生まれた歴史を研究し、出発の動機を見極めてから、もう一度考えてみていただきたいのです。

神様が存在しない方法でも可能だと信じているでしょうか?

では、あなたの隣の方はどうでしょうか?

「私には出来るが、あの人では出来ない」とは感じませんか?

私は、ご父母様はもちろんですが、ご父母様を信じ平和を作り上げようと努力されている、まわりの方々も、とても、尊敬しています。

平和は、たくさんの人が、1つの価値観を持って、同じ方向に進んで初めて成されるのではないでしょうか?

私はそう感じます。

教区長のお話を聞きながら、この根っこの所を考えさせていただきました。

ありがとうございます。

最後まで、読んでいただきまして、感謝いたします。

読んでいただいた方に、神様の福が来ますようにと、お願いし、お祈りします。

今日も、一瞬一瞬、神様が私といられるような、私でいたいとお願いしながら、仕事に行ってきます。

ボタン押下よろしくお願いします。CNTキイを押しながらポチすると新しいタブが開きます

スポンサーサイト

テーマ : 幸せな家族生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。