スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2トラックバックテーマ  第789回「あなたにとっての平和とは?」


FC2トラックバックテーマ  第789回「あなたにとっての平和とは?」



私にとっての平和とは、

まずは、この詩を、どうぞ、読んでくださいませ。


栄光の王冠

私が人を疑う時 私は苦痛を感じます
私が人を審判する時 私は耐えられなくなります 
私が人を憎む時 私は存在価値を失ってしまいます

しかし もし信じれば 私はだまされてしまいます
今宵 私は手のひらに頭を埋め 苦痛と悲しみに震えています
私が間違っているのでしょうか
そうです  私が間違っているのです

たとえ だまされたとしても 信じなければなりません 
たとえ 裏切られたとしても 赦さなければなりません
憎む者までも ことごとく愛してください 
涙を拭いて 微笑で迎えてください 
人をだますことしか知らない者たちを
裏切りながらも 悔い改めのできない者たちまでも  

おお主よ! 愛するという痛みよ!
私のこの苦痛を御覧ください!
熱きこの胸に 主のみ手を当ててください!
私の心臓は 深き苦悩ゆえに 張り裂けんばかりです

しかし 裏切った者たちを愛した時 私は勝利を勝ち取りました 
もし あなたも 私のように愛するならば
私はあなたに栄光の冠をお捧げします


文先生が16歳の時につくった詩 「栄光の王冠」 は世界詩人協会主催の2002年世界詩コンテストで最優秀賞を受賞しました。

この詩は平和の核といいますか、根といいますか、最初といいますか、どう表現すれば適切か、私はわかりませんが、平和の生まれる場所、生まれ方が壮絶に書かれていると感じます。

世界の人の何人が、この心を持っていれば、世界が平和になるか、私はわかりませんが、とりあえず、まず、私から、このような心になろうと思い、疑い、憎しみ、虚栄、傲慢、などなどから自分を解放しようと、日々、自分自身と戦っています。ですから、私にとって平和とは、自分自身が平和になることへの、戦いです。

最初、文先生の活動を知ったとき、

「人類には、ここに唯一希望がある」
と感じました。

今でもその感動は変わりません。

今は文先生のお子様方も世界の平和に向け、
One family under God と具体的に活動されています。文先生の平和の活動は次世代に確かに受け継がれて世界の多くの国々で大きく広がってきています。
どうぞ、 丹心をご覧下さい。
制限された、メディアの情報ではなく、まずは、ご自分の目で見て、耳で聞いて、確かめて欲しいと思います。

ボタン押よろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

原理講論の再臨論のところに
天国は私の心の中からとありますが、
今日のメッセージを読んであらためて
そうだ、そうだと感じています。
私の心が天国かどうかチェックする日々です。

はじめまして

丹心、探していました。
本当に、制限されたメディアの情報だけでなく、このような内容もみてから判断して頂きたいですね。

ありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

ruitoako

Author:ruitoako
娘のイメージによる私です。サササと描いてくれました。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleありがとうございますsidetitle
sidetitleブログ翻訳sidetitle
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。